矯正治療で正しい歯並びを手に入れる|素敵な口内は魅力的

女性歯科医

歯の寿命を左右します

施術室

重要な治療

「根管治療」と聞いて、どのような治療なのか分からないという人も多いのではないでしょうか。根管治療は、歯の根を消毒する治療のことを指します。通常、根幹と呼ばれる歯の根部分には神経があります。しかし、虫歯が進行するなどして神経を取り除いた場合には、根管治療を行う必要があります。根管治療を行うことにより、細菌が住み着かないような環境を作ることが出来ますので、歯の寿命を延ばすことが出来ますし、痛みも取り除くことが出来ます。根管治療が完了するまでの治療回数には個人差がありますがほとんどの場合は1〜3回程度で終了します。歯の根の先に膿が溜まったり、痛みが出るなどの症状を防ぐためには、確実な治療が必要となります。

予防歯科が大切

虫歯になった場合、以前は虫歯になった箇所よりも多くの場所を削るという方法や抜歯をするという方法が一般的でした。しかし、最近は出来るだけ天然の歯を残した治療を行うという事が主流となってきています。そのため、歯の神経を出来るだけ残してくれるという方法で治療を進める歯科医も増えてきています。歯の神経を取り除いてしまうと、歯の根の先に膿が溜まってしまうリスクが増えたり、歯が脆くなってしまう可能性があります。そのため、今後は天然の歯を残す治療はもちろん、早期治療を行うということが大切になると考えられます。早期治療を行うためには、虫歯や歯周病が進行していない状態で症状を発見することが大切になります。予防歯科が一般的になると考えられます。